京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2006年07月25日

清水九兵衛先生しのぶ

京都市の美術館。都メッセ。公的施設の前には、まるで京都市のシンボルのように建つ赤い金属の彫刻。彫刻家「清水九兵衛」先生の作品だ。
歴史ある、清水六兵衛七代目となられた為に、陶芸家としてのお顔も持たれ、京都芸大でも指導に当たられた。図面どおりに完成する金属と焼くことに寄って形や色が変化する陶芸との、対照的な美意識に試行錯誤された期間もあったようだが、やはり素材・技術が正反対のものを、同時に2つ取り組まれるのは本来不可能に近い。ご長男八代六兵衛さんとは、若かりし頃、一緒にグループ展に何度か出品した事もあり、先生の個展も「なかむら」などに見に行っていたので。実にさみしい想いである。  

Posted by こやまあきゆき at 01:32Comments(0)