京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2007年03月13日

陶の芸術家2 木村展之

美しい青磁や月白の器を見ると、木村展之の顔が浮かんでくる。若かりし頃京都の祇園八源で器の研究会を6人でスタートさせた時、私は自分の未熟を省みずに、渋い灰釉と造形センスのある浅田弘道・ロクロがうまく立体造形でも才能を発揮していた加古勝巳・釉薬の専門家で工業試験場の講師、特に鉄釉・天目でフランスのパリでも個展を開いていた木村隆・クラフト系のオシャレな天空をイメージする器の大先輩岡田保博・そして釉薬で実に美しい月白などを自由に使いこなす木村展之に参加していただき、様々な器展を展開した。今では想い出のひとコマだが。
 日本に三種の神器があるように、中国の皇帝にとっては玉で作られた3種の神器があった、ところが宋に金が進入し北半分を支配したとき南宋は、かろうじて独立を維持したが、『玉』をうしなってしまった。『玉』はもともとクンルン山脈の北側のホータンで産出される。中国歴代王は宝物としていた。北宋は金に奪われ、産出地との交易も絶たれ、玉に変わる景徳鎮で磁器による宝物を作らせた。簡単に青や緑に光る青磁とかではなく玉の輝きのある磁器。木村展之の作品に魅せられるのは、そのしっとりして高貴な結晶ゆえであろうか。

同じカテゴリー(陶芸家)の記事
 祇園八源会 岡田さん 木村先生 (2014-02-25 21:23)
 幻の人間国宝 (2012-01-06 22:58)
 「歴史地図本 知ってたずねる 京都」 (2007-10-15 03:29)
 煎茶器の名門「井上春峰」 (2007-05-23 01:12)
 陶祖「板谷波山」の名作が住友泉屋博古館で! (2007-05-14 00:44)
 京都市工業試験場でみるテストピース (2007-04-16 23:46)
Posted by こやまあきゆき at 23:51│Comments(0)陶芸家
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。