京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2006年07月22日

蕎麦のこだわり

蕎麦といっても、一般的な麺類の蕎麦の話ではありません。もっか麺に関しては、おいしそうなお店は、とにかく食べに行くようにしているのですが。皆さん誇りを持っておられるので一長一短にいい悪いを、私が論じる立場にはありません。ちょっと違う角度から蕎麦に取り組んでいるお店。
1、「澤正」名前間違ってないと思います。大村しげさんお気に入りのお店で、様々な蕎麦菓子があります。東山七条下がった今熊野交差点東入る。予約すると蕎麦会席コースなども食べられます。
2、蕎麦饅頭は、四条河原町角。京都人だったら誰でも知っているのでノーコメント。
3、ソバの入ったパンは、ロシア料理「キエフ」の黒パン。スロベニア料理「ピッカポロンツァ」にも。
4、蕎麦屋さんですが、「わたつね」さん。ソバの学問的研究に熱心で、日々の交友も、ソバの研究者の方。ソバに関する専門的知識を学びたい方は、一度たづねてみてください。
5、「いやいやえん」の大槻さん。店にソバは、ありません。山岳部でソバ名人と呼ばれて店を持った若きがんこ親父。ソバ打つ時はこだわりが多すぎて仕事では、打たないようだ。

Posted by こやまあきゆき at 01:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。