京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2006年07月22日

備前は、なぜもれない?

備前焼といっても、昔は山備前。山で取れた粘土は、他産地と、さほど変わらない。
茶陶などで珍重される備前は、田土などかつて海だったところや海岸に近いところの粘土を使っている。鉄分が多く。実は塩分も含まれている。これがガラス化するので、釉をかけないのにもれない。そのかわり、短時間でやくと、溶岩のような肌になるので、長時間かけて、灰釉ほどの高温まで上げずに、じっくりと焼き閉めていく。
赤土に塩混ぜたらできるやんとお思いなら、とにかく焼きしまるまで焼いてみよう!どれだけ大変で、どれだけエネルギー使うか。
備前が高いのは、当然だと思う。今日もどきにシリコンなどで水止めした安物が出回っているが、じっくり焼かれた土肌の魅力は変えがたい。と・・・思う。

Posted by こやまあきゆき at 01:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。