京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2007年07月24日

伏見は伏水。水の宝庫。

先日遊びに来た教え子の金ちゃんと禅宗京都五山の名刹「東福寺」を散歩した。
秋の紅葉で京都1番人気の通天橋は、絶景。鳴き龍に手を叩いて拝んだら、不思議な音が返ってきた。なんと堂内は、修復工事中。その音だった。びっくり。
日時計で、時間を確認。昔のお寺のトイレや、最古の木造の山門など私の子供の頃からの遊び場を案内したあと、本町街道に出ると、三之橋が架かっている。伏水街道三之橋と書いてある。
もっと北に、一橋小学校があり、学内に一之橋の遺跡があると、一橋の元校長から御伺いした。
当然、一と三があれば、二がある。ちょうど中間が、東大路と九条を結ぶ陸橋。少し南に東福寺に入る石橋があるので、この辺かと思って、前の交番で聞くと、今の1・2・3・のは橋は、京阪と平行して流れる疎水にかかっていると、地図を見せられる。しかし、橋の跡は、本町街道にあるのに納得できないと、陸橋の下をくぐろうとしたら、橋の下に「伏水街道二之橋跡」が、残されていた。やった!
ところで、4・5・6とかあるの?疑問は永遠に続く。伏水は、水の宝庫だった為にこの名がある。

同じカテゴリー(京都散策)の記事
 京都の七夕織り姫彦星さん (2012-07-07 07:07)
 東福寺は、紅葉祭り (2011-11-26 19:07)
 寺町二条の「新丁子屋」は、やっぱりいい (2008-03-31 22:49)
 地下水を使うフジタホテルは・・・ (2007-08-31 23:43)
 下鴨神社の「みたらし祭」27日から30日 (2007-07-22 00:02)
 源氏物語ミュージアム (2007-06-28 01:34)
Posted by こやまあきゆき at 01:22│Comments(0)京都散策
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。