京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2007年10月24日

リサーチパークの陶磁器研修科移転

私も卒業した、陶磁器釉薬の研究と実技実習をする「京都市工業試験場の陶磁器研修科」が、「京都市の染色試験場に移転するそうだ。

京都の伝統産業がやや弱体化していくなかで、陶磁器を学びたいと、今も京都芸大・東京芸大・精華大などの卒業生も学んでいる。男女比率も同じ。

しかし、就職が見つかる時代ではない。

逆に、設備も安く手に入るようになって、さまざまな公的施設も利用できる。

たとえば、30歳までだったら、東山区役所2回にも陶磁器スペースが用意されている。

今日会った、橋田先生・今井先生・木村先生は共に私の恩師。

木村隆先生とは、近藤高弘・山田晶・猪飼祐一・市野雅彦とともに福井県「きのこの森陶芸館」設立に取り組んだ仲間。http://www.wakasa-ohi.co.jp/kinoko_04.htm

木村先生は、今も年2回この登り窯を焼くそうだ。

工業試験場は、様々な陶磁器の技術的相談にものってくれる。
一応プロ向けだが、木村先生は、水曜日試験場にいるそうだが、土曜日は、「相国寺」北の「和敬学園」に午後いて、陶芸を指導している。元アルマーニのスタッフだった恵子さんは、もう10数年学んでいる最初の教え子である。

同じカテゴリー(京焼き)の記事
 京都府陶工高等技術専門校に行こう (2013-07-09 19:31)
 「絵付けの意匠美」ミヤコメッセB1F無料 (2013-06-17 21:21)
 やっぱり五条坂はいいね (2013-05-09 15:07)
 陶器祭り終盤安くなるから (2012-08-08 23:10)
 五条陶器祭りのポイント (2012-08-06 22:19)
 京都の地面 (2010-01-08 02:09)
Posted by こやまあきゆき at 19:34│Comments(0)京焼き
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。