京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2012年05月25日

父から母へ 愛してる!

3ヶ月前に母が入院した。癌だったが早期発見だったので手術なしに完治できた。
63歳で癌の手術を受けた父は、心配して毎日朝から夜7時まで付き添っていた。
ようやく最後のレーザー治療が終わる日、父が救急入院した。

幸い病院だったため緊急入院。体中検査してまもなく退院する。
過労が原因だが、しばらく精密検査していなかったため、早期発見に加え完璧な対応で元気に退院できる。

最初の癌も母の付き添うで行った病院で、大橋病院の院長が癌の専門だったのですぐ気づいてくださった。今回も母の担当のスタッフ父の様子から救急での検査を準備してくださったので助かった。

父の様子を見に来た母に、「お前のおかげで2度命を救われた。愛してる!」と父がよれよれの字でメモ書きして渡していた。

母は、父の容態の方が心配で、父の書いている意味がまったく理解していなかったが、父が大丈夫だった事で、ほっとした安らかな顔で黙って父を見ていた。

私の子供のころ、父はシルクロードのいたので、いつも母子家庭状態で小さかった弟は、父が帰国したとき真っ黒なひげ面を見て怖がっていた。

今は、2人がいつもいっしょにいる。

我が家も、私と家内はほとんど別々の生活が長い。1年以上家族から離れていたことも。

しかし、不思議なくらい私の3兄弟は夫婦や家族でいっしょにご飯を食べる。

家族だけとは限らないが、友人 仲間でいいのだが、幸せはどこにでもある。
気付くかどうかだけ

これからの日本では100歳くらいまで生きるのが普通の社会になる
80ぐらいまで元気で働けて 最後までいっしょにご飯食べて語り合える家族や仲間が1番大切だ

6月3日 読売テレビ 大阪ほんわかテレビにかやまあきゆき出てます

同じカテゴリー(陶芸家 京芸大名誉教授 小山喜平)の記事
 フジタ平安京ギャラリー第1回で小山喜平作品展示 (2009-01-27 23:37)
 小山喜平・吉田光邦京大第5次西アジア調査隊 (2007-02-13 03:19)
 笹川さんからキムイルソンさんまで。 (2007-02-13 03:19)
 小山喜平と吉田光邦京大第5次西アジア調査隊 (2007-02-13 03:11)
 小山喜平のペルシャ青釉 (2007-02-03 02:20)
 陶芸家小山喜平の横顔 (2007-01-27 17:19)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。