京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

2006年10月25日

高島屋で京都の名士・芸術家のチャリティー展

年末が近づくと、新聞社などの主催するチャリティー展がいろいろ開催される、中でも今回の展覧会は、スケールの大きい展覧会としてやはり一見の価値ありの展覧会である。普段いっしょに見る機会のない作家の作品が所狭しと並ぶが、ある意味これは、多様な作家の作風などを見比べる絶好のチャンス。また、ほしい作家の作品が、リーズナブルに手に入るチャンスでもある。そして、本来の目的である売上は、様々な社会貢献に役立てられる。
ところで、今回の出品。常連さんだが、身内もたくさん出品している。父小山喜平・叔父鈴木卓司・その従兄弟鈴木健司は、比較的近い身内。また過去に展覧会や陶芸運動を共にした仲間も出品し始めた。そんな中の一人、近藤高弘さんの作品は、私がほしい作品の一つ。
?なんで小山晶之が出品してないか?って?
はっきりいって、名士の展覧会なので、依頼がなかっただけ。・・・やっぱり高く売れないとチャリティーの目的が達せないので、デビューした頃、時に月に7つもの展覧会に出品する超売れっ子作家だった。問題は、高く売る気がないだけ。ほしい?じゃあ使ってみて!と、あげるクセもあり、商売にならない 「ほんとにほしいの?」「無理しんといて」「義理買いだったらやめて!お金いらんし」なんていってしまう人間。プロにはなれないのかも。2度目の日展入選した時、いっぱい知らないとこから電話かかって、中には、本で見たので売ってとか。いいけど見て、触って、それでもほしかったら考えます。なんて生意気な事いっちゃった。でも、この展覧会の出品者は、高く評価されてる方々のほんとに善意なので、皆さんも善意の輪に参加・協力しましょう!

同じカテゴリー(京都の展覧会情報)の記事
 ロックな木村英輝さんのキーヤンコレクション (2013-07-09 19:46)
 ゴッホ展にびっくり京都市美術館にて (2013-05-16 12:35)
 高島屋で「上村淳之展」 (2013-04-07 20:33)
 芸術情報ゲットペコチャンが鉄? (2013-03-18 21:17)
 「きらい・かわいい・めでたい」住友泉屋博古館 (2013-03-12 23:41)
 猪飼祐一作品 テルフジタ京都で (2009-12-31 18:41)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。