京つう

  アート/芸術  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき:陶芸家 
「円山陶芸協会」代表
「民族芸術学会」会員〔食文化)
「ふるさとテレビ顧問」(農水省外郭団体)
「NPO京都生活環境つくり21」理事
財団法人「うどんミュージアム」館長
陶芸集団チェラミスタ代表幹事
長尾谷高校・つくば開成高校元講師。(陶芸)
京都市公立小学校他で約15年間陶芸指導。
京都市工業試験場陶磁器研修科終了。
京都府陶工訓練校専攻科終了。
京都産業大学外国語学部卒業。京都生まれ。
財団法人「京都国際学生の家」OB
「京都市展」「日展」ほか200回以上の展覧会に出品。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2008年06月02日

ロシアの天才画家「ベルナツキー絵画展」国際H

京都国際ホテルで、ロシアの天才画家「ベルナツキー展」が、始まった。

6月・7月の期間ホテル内の「Repos」で、サンクトペテルブルグ(旧レニングラード)の著名な画家の作品も展示される。

この作品は、一人の欧州在住の日本人が、偶然にも、ヨーロッパで出会った様々な著名人・財界人の家に、今まで見たことの
なかった実に引き寄せられるような魅力的な、少女の肖像画などが、飾られているのに気づいた事にはじまる。

「ベルナツキー」は、すでに、欧米では、大変な人気画家になっている。
ただ、日本では、かつて絵画を扱う有名百貨店関連で、一時かなり日本に持ち込まれた時期もあるが、その為に逆に日本には、持ち込まれなくなった経緯がある。しかし、ベルナツキーの国際的な評価は、安定しており、今回この画家と個人的に親交を持っている方が、紹介される運びとなった。私自身、ロシア領事館で、「ベルナツキー」の作品は、たくさん拝見しており、今回の展覧会を楽しみにしている。

ちなみに、【国際ホテル】は、日本庭園を回遊する形で、レストラン・カフェなどが配置されている。
このホテルの35周年の記念展覧会『浮遊群』と『国際陶芸セミナー』を企画したのは、この庭に魅力を感じた私である。

大文字にすべての送り火が鑑賞できる。

ホテルの北には、『楽園アジア』というバリ&タイレストランがある。

西向いに『二条城』がある。  

Posted by こやまあきゆき at 19:16Comments(0)京都の展覧会情報